« 25セントコイン | トップページ | Mardi Gras »

2013年2月 8日 (金)

レーナード・スキナード

前の記事で、アラバマ州の25セントコインで、レーナード・スキナードの「Sweet Home Alabama」
を連想するってことを書いたら、レーナード・スキナードを聴きたくなった。

でも、「Sweet Home Alabama」じゃなくて、「Freebird」。

1977年のライブだけど、1977年10月20日に飛行機事故でヴォーカルの
ロニー・ヴァン・ザントと、ギターのスティーヴ・ゲインズが亡くなる以前のライブ。

飛行機事故のあと、ロニーの弟ジョニー・ヴァン・ザントをヴォーカルとして
再結成されたけど、「Freebird」だけは歌わなかった。

ジョニー曰く、「ロニー以外は歌ってはいけない。歌って良いのは彼と観客だけ」
ってことで、しばらくはインストで演奏されて、観客が歌うよーになった。
それだけロニーが偉大だったってことだよね。

「Freebird」って、スティーヴ・ゲインズがバンドにまだ参加していない頃の
スタジオ盤に入っているからか、この曲では目立たないけど、
やっぱロニー・ヴァン・ザントと同様、スティーヴ・ゲインズも天才だね。

こっちの、「T For Texas」では気持ちいいスライドを聞かせてくれている。

左側から聞こえるギターの音がスティーヴ・ゲインズ。


このライブって、ストーンズがヘッドライナーだったけど、ストーンズを
喰ってしまったってライブらしい。

「Freebird」のほうでは、ピアノがイントロを弾き始めると、キャーキャーと
若いおねーちゃんが叫んだり、ピアノソロではうっとりと聴いていたりする。

オイラも一度でいいから、キャーキャー言われたり、うっとりとした眼差しで
見つめられたいもんだ。

まぁ、一生無理だろーね。(笑) penguin

« 25セントコイン | トップページ | Mardi Gras »

音楽」カテゴリの記事

コメント

taka様もレイナード好きだったっけ?
私も「Freebird」、大好きです。 
レイナードが動いてるのを初めて見たのはまさにこのフィルムで、すごく感動したの覚えてます。
アメリカの飛行機事故は偉大なミュージシャンをいっぱい向こうに連れていってしまいました。

あ、「マイ・トゥルー・ストーリー」買ったよ。正規で(笑)v

★ fちゃん

レイナード、一応アルバムは数枚持ってたけど、
熱狂的なファンってほどでもなかったけど、
やっぱ、たまに聴くといいね。

YouTubeで、動くデュアンもあるの、知ってる?
フィルモアのライブだよ。

「マイ・トゥルー・ストーリー」、聞き込んでも良し、
BGM的に流しておいても良し、お得なアルバムだと思う。

も、もちろんオイラも買いましたとも。

あたふた (((^^;)(;^^) ))あたふた

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589283/56675886

この記事へのトラックバック一覧です: レーナード・スキナード:

« 25セントコイン | トップページ | Mardi Gras »