« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月28日 (土)

ACE

24日から始まった年末の8連勤。

よーやくあと3日になったけど、そろそろ足腰がヤバいかも。sweat01
5年くらい前だったら、8連勤でも平気で夜に浜名湖まで釣りに行ってたんだけど
もうそんな元気は無いなぁ。

出掛ける元気も無いので、ネットでAmazonの「ほしい物リスト」に入れておいた
ものを、思わずポチってしまった。

201312280101


デッドベアのエース。
やっぱ、飛行機好きなオイラとしては、ずっと欲しかったベア。
デッドベアって、一応グレイトフルデッドのライブと関係した話しが
付き物なんだけど、エースは曲としては「CC Rider」らしい。

でもさぁ、名前が「エース」なんだよねぇ。
そーしたら、コイツのテーマ曲は当然これでしょ!!!



じつは、デッドベアを買うのは、これが初めてじゃなくて2回目。
最初に買ったのは、もう10年以上前かな、Yahooオークションで購入の
コズミックチャーリー。

20131228013


しかし、この歳でこんなもの買っていていいのだろーか?
と、ちょっと心配になることもあるけど、普通なことがキライなへそ曲がりだから
これでいいのかも。(笑) penguin

2013年12月22日 (日)

サージェント・リバース

昨日の夜、仕事が終わってからライブハウス「窓枠」での「サージェント・リバース」
見てきました。

20131222003


今回は、PANTAさんと菊池琢己さんも出演するということで、楽しみにしてた。

ただ、仕事が終わってからなので、到着したのは開演時間の18時半を過ぎていて
19時くらいで、「HARD JOKES」のステージは見逃してしまった。

「窓枠」の中に入ったときのステージ上には、25年ぶりのライブという「NASTY DOGS」。
20代の頃に、対バンとして一緒にやったことのあるバンドで、25年ぶりとは思えない
安定した音で、さすがって感じ。

「SERGEANTS」のステージに変わって、335を抱えて登場したのが「青いストラト」さん。

201312210071


チョーキングがスゴイ! って紹介されていたけど、「青いストラト」さんの凄さって
ホントはチョーキング・ビブラートだったり、チョーキングしたあとのビブラートだと
思う。
この日は、「Crossroads」をやってくれて、普段はストラトしか弾かない「青いストラト」さんが
335を弾くという貴重なワンショット。

201312210151


続いては、豊橋を中心に活動をしている「金藤カズ」さんのステージ。

201312210211


このステージにも、いつも一緒にやっているベースのカミチャーが。

201312210301


「金藤カズ」さんのステージって初めて見たけど、楽しいステージだった。

そーいえば、「青いストラト」さん、カミチャーと、いつも一緒にやっているけど
今年は一回しかスタジオに入ってなかったよなぁ。 ^^;
練習嫌いなオイラだけど、来年は3回くらいはスタジオに入りたいかな。(笑)

話題を戻して、次のステージ。

中学のときの同級生、「クリームソーダ静岡&Teddy boys」の Kiyomiクン。

201312210451


17か18才くらいのときに会った以来だったので、会えて嬉しかったです。

最後のステージは、「SERGEANT」+「PANTA&菊池琢己」。

PANTAさんのエネルギッシュな歌は、ホントにスゴイ!!!
これぞ、「パンタックスワールド」って感じ。

201312210601


201312210591


201312210671


201312210751


きょうは、ドッと疲れが出てしまって、頭痛でダウン。
昨夜、ステージ上に居たあの人たちの元気ってのは、どこから出てくるんだろーね。

体調を崩してしまうと、そんなことも考えてしまうお年寄り体質になってしまったオイラ。 penguin

2013年12月15日 (日)

カントリーな気分

最近、カントリーっぽい曲を自然と聴いていることがある。

ネットでもいろいろと探してみたら、こんなところに行き着いた。

フロイド・クレーマーの「Cotton Fields」。

フロイド・クレーマーのピアノって、同じ年代くらいの人だったら、誰もが
聞いたことがあるはず。
プレスリーの曲でのピアノとか、チェット・アトキンスと一緒にやってたりする人。

やっぱ、こーゆー音が転がるよーな感じのピアノっていいなぁ。
オイラはどれだけ練習しても転がってくれない。(笑)
なんでだろ? タッチが悪いのかなぁ。
もともとそーゆー才能が無いのか。

まぁ、自分で弾けないんだったら、聴いて気持ち良くなればいいだけの話。(笑)

この「Cotton Fields」って曲、CCRもやっていたり、ジョン・フォガティがソロに
なってからもやってる曲。


で、この曲を最初に知ったのは、じつはChihanaさんのミニアルバムだった。

Sweet_nothings


このアルバムを出した当時は、まだ20才か21才の女の子なんだけど、
オイラみたいなオジサンがハタチそこそこの女の子に影響を受けるって
なんなの??? って気もするけど、なんだか面白い。

そんなこんなで、今夜もカントリーな夜です。 ってどんな夜? penguin

2013年12月12日 (木)

Miami Pop Festival / The Jimi Hendrix Experience

最近よく聴いているアルバム、ジミヘンのライブアルバムで1968年に
マイアミで行われた「マイアミ・ポップ・フェスティヴァル」の音源。

Jimi


以前はブートとして出ていたものらしいけど、これほど良い音で発売されるとは
今の技術ってのはスゴイね。

もうこのアルバムって、捨て曲ってのが無い感じで、全部スゴイ。

一曲目の「Hey Joe」なんて曲の入り方からカッコいいし、最初から
こんなことやられたら、もう一気に最後まで聴いてしまう。

出来れば、大音量で聴きたいところだけど、住宅事情ってのもあるから
そーもいかないんだけどね。 ^^;

それにしても、ドラムのミッチ・ミッチェルの元気なこと!!

エクスペリエンスって、ジミヘンとミッチがこれだけ好き勝手なことを
やっていて、ベースのノエル・レディングはさぞかし大変だったんだろーなぁ。(笑)

久しぶりに元気の出るアルバムに出会えたんだけど、それが68年の音源だってことが、
ちょっと微妙なところ。

やっぱ、オイラも昔の人間なんだろーね。 penguin

2013年12月 9日 (月)

Chihana通信 12月号

いよいよ2013年の「Chihana通信」も、12月号となって師走だなぁって感じ。

201312


Chihana オフィシャルサイト http://www.chihana.org/

もうすでに、今年最後のツアーも終わってしまって、いつもながら
更新が遅れてしまってすみません。 ぺこ <(_ _)>

今月のフライヤー、カントリーなChihanaさんもやっぱいいねぇ♪
個人的に、今カントリーを聞くことが多くなってるから、余計に嬉しくなっちゃう。

そーいえば、Chihanaさんのカントリーのユニット、「Broken Country Girls」って
今は活動してないのかな?
「Chihana通信」を書くんだったら、それくらいちゃんと調べろ! って感じかも?(笑)

まぁ、こんないい加減な記事だけど、2010年6月に初めてChihanaさんのライブを観て、
2010年10月のフライヤーを紹介したときから、ずっと続けている「Chihana通信」。

これからも、ゆるい感じで、いい加減な雰囲気で続けていきます。(笑)

2014年のChihanaさんは、どんなことをしてくれるのか、楽しみ♪ penguin

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »