« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

2015年11月11日 (水)

アラン・トゥーサン

先日、ワイルド・マグノリアスのボー・ドリスのことを書いたばっかりだったけど、
アラン・トゥーサンまでも・・・

昨日の夜、fちゃんからのメールでアラン・トゥーサンが亡くなったことを知った。
「ウソだぁ~!  まじかぁ?!」って感じだった。

11月10日、スペインのマドリードでのライブのあとに心臓発作で亡くなったらしい。

ニューオリンズの音楽の重鎮ともいえるべき人。

オイラがニューオリンズの音楽を聴き始めたのは、20代後半くらいからだったと
思うんだけど、まだ当時はインターネットなんて普及してなくて、オイラも
パソコン通信ってやつをやっていたくらいで、ニューオリンズの音楽の情報を
得たくても今みたいにネットですぐに分かるって状況じゃなかった。

唯一の情報源としては音楽雑誌を読みあさるってことくらいだったけど、
ニューオリンズの音楽、ニューオリンズのピアノ、いろいろと調べていると
必ず出てくる名前がアラン・トゥーサンだった。

アーティスト、プロデューサー、アレンジャー、幅広く活躍していたけど
やっぱオイラの場合はにはアーティスト、ピアニストとして見てしまう。

今年のニューオリンズ・ジャズ・フェスでの元気な動画も見たから、まだまだ
現役で頑張っているって思ってたのに。

77才でこの元気なピアノ、オイラも77才まで生きることが出来るなら、
こんな77才でいたいな。



こっちの動画は、いつのライブなのか分からないけど、何度も見た動画なので
ここに載せておきます。


アラン・トゥーサンの音楽は、永遠に心の中にあります。 penguin

2015年11月 9日 (月)

落ち葉のコンチェルト

2015110901


最近、毎日一回はYouTubeで聴いている曲があって、邦題が
落ち葉のコンチェルト」、アルバート・ハモンドの曲。

原題は「For The Peace Of All Mankind」。
「人類の平和のために」って意味かな?

訳詞を見ると、「落ち葉」なんて言葉はどこにも出てこないし
コンチェルトでもないけど、このメロディーを聴いていると
「落ち葉のコンチェルト」以外なにものでもないって気になる。

中学2年くらいの頃のヒット曲だったと思うけど、同じ時期にヒットして
いたのが、ストーンズの「悲しみのアンジー」とかポルナレフの「愛の伝説」、
ウイングスの「死ぬのは奴らだ」もこの頃だっけ???



落ち葉のコンチェルト」って、歌詞としては落ち葉とか秋とか全然関係が
無いんだけど、この時期になるとなぜか聴きたくなってしまう。

この邦題を考えた人ってスゴイね。penguin

2015年11月 8日 (日)

ボー・ドリス

本日は一年間待ちに待ったエアフェスタ。
去年のエアフェスタのときには、親戚の法事で行くことが出来なかったので
今年こそはと思っていたんだけど、あいにくの雨。

エアフェスタに行くときには、渋滞を回避するために自転車で行くんだけど
この雨の中を自転車で行っても、楽しみにしている展示飛行は
派手な飛行も期待出来ないので、午前中は自宅の2階の窓からずっと
眺めていた。

やっぱ、F-2、F-15はおとなしめの飛行だったけど、意外とF-4が頑張って
くれていたよーな気がする。

まぁ、そんなに若くもないし雨の中を自転車で行って風邪でもひいたら大変。

数年前までだったら、雨でも絶対に行ってたと思うけどね。(笑)
土砂降りの中、サンダーバーズを見たくて行ったり、一番見たいF-15の
飛行が中止のときでも行ってたなぁ。

今は、YouTubeで飛行機の動画もいろいろと見れるしね。

でも、一度でいいから百里とか小松にも行ってみたいな。
F-15のバリバリいう爆音は、やっぱ動画じゃ伝わらないし。

そーいえばこの前、YouTubeでワイルド・マグノリアスの動画をいろいろと見ていたら
「Big Chief Bo Dollis Home Going Celebration January 31, 2015」ってタイトルの
動画を発見!

ボー・ドリス、亡くなったんだぁ。

ネットで検索してみたら、2015年1月20日に亡くなってた。

そっかぁ、死んじゃったんだ。

ワイルド・マグノリアスのビック・チーフ、1944年1月14日生まれってことは
71才だったのか。

ワイルド・マグノリアスのアルバムって一枚しか持ってないけど、買った当時には
毎日こればっかり聴いていた。


201510290031


ニューオリンズの音楽とひとくちに言っても、いろんなタイプの音楽が
あるけど、このワイルド・マグノリアスの音楽は伝統的なマルディグラ・インディアン
の音楽にファンクを混ぜたよーな感じかな。

このアルバムは、ギターの山岸潤史も参加していた時期のもの。

ん~~~、いろんなミュージシャンが亡くなっていくなぁ。

ちょっと気になって、ドクター・ジョンをWikipediaで見てみたら1940年11月21日生まれだ。
ボー・ドリスよりも年寄りジャン。sweat01
今月の21日で75才かぁ。

自分自身の年齢がオジサンになってきているんだから、好きだったミュージシャンが
高齢になっていくのは当然といえば当然なんだけど、やっぱ好きなミュージシャンは
いつまでも若くいて欲しい。

オイラの夢としては、ドクター・ジョンが一夜限りでいいからストーンズのライブで
ピアノで参加して欲しい。
「レット・イット・ルース」で、バックコーラスでの参加ってのはあったけど、ピアノでの
参加はまだ実現してないよねぇ、あるのかな???

そんな音源があったら、是非聴いてみたい。penguin

2015年11月 5日 (木)

Chihana通信 11月号

今月のChihana通信は、早め?の更新。(笑)

もう11月かぁ、そろそろ正月休みの計画でも立てようかなぁ。
と、言ってもなにもやることは無いけど。


201511


Chihana オフィシャルサイト http://www.chihana.org/


年内は浜松近郊でのライブは無さそうだから、この中で浜松から一番
近い場所はどこかな? って思いながら見ていたら、横浜が近いんじゃない?

横浜かぁ、11月23日には「 横浜 Thumbs Up」ってとこでライブ。

ん?? 11月27日の「たまプラーザ 三丁目カフェ」ってとこも横浜ジャン。
しかも、モンゴル大先生とじゃいあんの名前が・・・
はなもんじゃの復活???

ここ一年くらい、「キーボーディスト直伝!演奏テクニック向上講座」っていう
教則本みたいなやつを毎日弾いているんだけど、この中でモンゴル先生が
トレーニング1~4まで各4つの練習曲というか8小節の短い譜例を
書いてくれているんだけど、これが難しい!!!

多分、譜面を見て初見で弾ける人にとっては、全然問題の無いものかもしれないけど
オイラみたいに基礎が全然出来てない人間にとっては、8小節を弾くのに
2週間くらいかかっちゃう。(笑)

まずは右手だけ、次に左手の練習をするんだけど、その前にヘ音記号を見て
指で譜面をさしながらド、シ、ラ、ソ・・・ と数えていかないと分からんし。^^;

基本的にモンゴル先生の譜例は、フレーズとかよりもノリをいかにして出すか
って練習だから、そこまでたどり着くまでには目まいがするくらい時間が
かかっちゃう。

でも、このへんが完璧に弾けるよーになったら、グルーブ大魔神となれるんだと思う。


あれ?? これってChihana通信だったよねぇ。(〃_ 〃)ゞ ポリポリ

まぁ、たまにはこーゆーこともあるさっ。

フライヤーの写真みたいな、レザージャケット、ライダースかな?
こーゆーの、オイラも欲しい!
フェイクレザーは、2年で穴が開いちゃったし、やっぱ本皮が欲しいなぁ。
アメ横に行けば、安いのを売ってるかも???

ってことで、今月は早めの更新だったけど、大脱線のChihana通信。 penguin

2015年11月 2日 (月)

アートルネッサンス

きょうは雨が降っていて、休日の散歩に行けなくて部屋でダラダラと
してるけど、午後は雨も止みそうだから歩きに行こうかな。

昨日の午前中は浜松城公園まで歩いてきたけど、毎年この時期に
やっているアートルネッサンスってイベントが始まった。


アートルネッサンス in HAMAMATSU http://art-renaissance-in-hamamatsu.jimdo.com/


11月8日まで行われているので、詳しくは上記オフィシャルサイトを参照してください。


アートに関しては全然分からなくて詳しくも無いけど、興味だけはある。(笑)

2年前のときには、浜松城公園だけじゃなくて他の会場にも行ってみたけど
オイラみたいにアート音痴には浜松城公園だけでいいかも。


20151101037


この会場でも、いくつか作品が展示されていて、最初に目に入ってきたのは不思議な
物体?(笑)


20151101001


会場の案内所からは一番離れた場所だけど、オイラはいつもここから芝生広場に
行くから、これを見てアートルネッサンスが始まったな、って思った。

当然、なにを表現したいのかオイラには分かりません。^^;

芝生広場のほうの作品はこちら。


20151101006


20151101031


20151101007


花を植えてあるほうにも、この丸いものが置いてあって遠くから見るとすごく
目立っていてキレイで、不思議な空間。


20151101008


20151101009


20151101010


「自由を奪われた虫たちは機械の体で今日を生きる」、人間に置き換えてみても
いいのかな???
別に分かろうとしなくてもいいのかも? なにかを感じるだけで。


20151101013


20151101014


真ん中のブルーシートが気になる・・・ ^^;


20151101017


20151101019


まっすぐな線、うん、直線です。
線によって2分されても地形には変化が無い、たしかに。


20151101022


20151101024


20151101026


そろそろお手上げです。^^;
アート音痴なオイラには、全然分からない、すみません。ぺこ <(_ _)>


20151101035


20151101033


今回、一番強烈だったのがこれ。
メッセージがストレートで、見る人を驚かせると思うけど、表現せずには
いられないって感じかな。

浜松城公園の中の展示は、一応全部見たつもりだけど、見落としているのも
あったかも。

グルッと一回りしてみて、帰ろうと思ったときにさっき見た「色なき風」ってとこで
気になっていたブルーシートが取られていて、こんな感じになるんだね。

20151101038


11月8日、今度の日曜までここだけじゃなくて街中でもいろんな展示がされているので
興味のある方は是非行ってみては。

普段の生活の中では感じることもない何かを感じることが出来るかも? penguin

2015年11月 1日 (日)

植木屋さん

きょうは風もなく、外での作業には絶好の日。

伸び放題になっていた自宅の細葉の木の刈り込みをやることにした。

いつも手が届かなくて、木の枝に乗ってやっていた箇所があったんだけど
さすがにもう面倒になってしまって、今回はその枝を切ってしまうことにした。

刈り込み前の状態。


20151101041


手前に伸びている枝は脚立に乗ってもなかなか手が届かないので、今回は
これをノコギリで切ろうと決断!!!

まずは、他の残す枝のほうで伸びているところを刈り込んでいく。
一年の間で、一回か二回だけ植木屋さんになるだけなので、脚立の上での
作業なんて慣れてないから、思っている以上に疲れちゃう。

刈り込みをしているときには、気分はシザーハンズ。(笑)

刈り込みも済んで、残るは余分な枝の切断。
いきなり下に落ちないように、ロープで他の枝に繋いでおいて、切ったときに
そのロープで吊るすよーな感じにした。

じつを言うと、オイラはノコギリって苦手。
日本のノコギリは引くと切れるよーになっているから、引くときだけ力を入れて
やればいいんだと思うんだけど、これがなかなか切れなくて何度も休憩を
入れながらの作業になってしまった。

途中で、下の小僧が自転車のタイヤの外し方が分からないって言ってきて
そっちも同時に進行。(笑)

きょうは、工具箱の中の工具が大活躍の日だなぁ。

細葉の木の刈り込み、途中経過も写真に撮ろうかと思っていたけど、やり始めたら
全然そんな余裕は無かった。^^;

一応、作業終了の様子。


20151101046


まぁ、素人でここまでやれば十分じゃない??


20151101049


枝を切り落としてしまったところは、やっぱ少し寂しい感じになったけど、これから
まだ何年もこの作業をやらなくちゃいけないから、無いほうが楽でいいしね。

本音を言うと、そろそろ小僧にバトンタッチしたい気分なんだけど・・・。

まぁ、もう少し頑張るかな。 penguin

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »