カテゴリー「音楽」の99件の記事

2016年4月13日 (水)

天国への階段

ZEPの「天国への階段」が盗作???

「天国への階段」のイントロがアメリカのスピリットってバンドの
インスト曲「Taurus」から盗用されたものとして裁判になっているらしいけど
全然知らんかったぁ。

2年にわたる訴訟では、同曲が盗作であるとの判断は下されていない
らしいけど、5月10日から陪審が開始されることになった。

って、70年代の曲で、なんで今さら??? って感じもするけど。

Taurus / Spirit

似てるって言えば似てる?

ZEPの「天国への階段」は1970年の年末から1971年にかけて録音
されているみたいだけど、スピリットの「Taurus」は1967年。

ZEPは1968年にアメリカのデンバーでスピリットの前座としてステージに
立ったのがアメリカデビューらしい。

ん~~~、この流れだとグレーゾーンかなぁって感じもするなぁ。
もともとジミー・ペイジって、大昔のブルースの曲を元にして、そこから
曲を作っていたって記事も読んだことあるし。
まぁ、大昔のブルースの曲ってのは、作者が誰なのかも分からないものが
多いから問題無いんだろーけどね。

まぁ、今でもまだ話題になるZEPってのは、やっぱ偉大だってことかな。 penguin

2016年4月12日 (火)

Chihana通信 4月号

いつの間にか桜も葉桜になっていて、ちょっと油断していると
あっという間に時間が過ぎていく感じ。

ここ3週間くらい、左手の指がずっと痺れているけど、なんだろ?
なんか悪いもんでも食べたかなぁ・・・
それでも、ピアノを弾くには全然支障が無いから大丈夫かな。

それでは今月のChihanaさんのフライヤー。

201604


Chihana オフィシャルサイト http://www.chihana.org/


げっ!!!
最後まで書いて、アップしよーとしたら、後半が消えたぁ~~~!(T_T) ウルウル

気を取り直して。

フライヤーには載ってなかったんだけど、今月はこんなものもあるみたい。

20160429_2


ん~~~、全部横文字で書いてあるから、なんのことやらサッパリ分からん。(笑)

フライヤーのほうだけど、髪の色が変わったせいか、一気に大人な女性
って感じになったよーな気がするのはオイラだけ??

このフライヤーはお気に入りの一枚。
壁にペンキで書かれたよーな感じを出しているCHIHANAって文字も雰囲気が
あっていいしね♪

ライブスケジュールの部分を消して、ポスターにしてもいいかも。

んっと、他にもなにか書いたよーな気がするけど、忘れた。^^;
また思い出したら追記で書けばいいかな。(笑) penguin

2016年3月15日 (火)

Chihana通信 3月号

いよいよ、きょうからお彼岸の8連勤で、万全な体調でのぞみたい
とこだったけど、昨日の休日は頭痛で一日ダウン、なんとかきょうは
回復したけど、やっぱいつもとはどこか違う感じで、頭がフラフラしたりで、
倒れないよーに機械に掴まったりしながらの仕事だった。

まぁ、明日になれば完全復活すると思う。

今月のChihana通信、もう3月って半分過ぎちゃったけど、やっぱ
今月の目玉はなんといっても3月5日にやったライブで、もう過ぎて
しまったけど、「Tribute to Rory Gallagher」だよね。


201603


Chihana オフィシャルサイト http://www.chihana.org/


ロリー・ギャラガーのトリビュートとしてのセットリストは

I Wonder Who
Pistol Slapper Blues
Out on the Western Plain
As the Crow Flies
Cradle Rock
Going to My Hometown
Bullfrog Blues
Shinkicker
Wave Myself Goodbye

このライブの1か月くらい前に、fちゃんからのメールでリクエストも
受付中ってことを聞いて、「Going to My Hometown」と「Bullfrog Blues」、
「I'll Admit You're Gone」をリクエストしたんだけど、最初の2曲は
やってくれたみたい♪

「Going to My Hometown」で、「タン タン タン」って手拍子、やりたかったなぁ。

でも、1か月前にはまだセットリストも決まってなくて、ライブまでに歌詞、
コード、曲の構成、全部頭の中に入れてしまうのって、やっぱプロの
なせる業???

まぁ、素人のオイラのことを言うのは全然違うと思うけど、オイラなんて
5年くらいやって、よーやくコード進行が頭の中に入ってくるくらい。(笑)
曲の構成だって覚えるのに1年はかかっちゃう。

Chihanaさんの話しに戻って、セットリストを見て「Out on the Western Plain」
を選曲するあたりは、さすがって感じ。
「As the Crow Flies」は、Chihanaさんのためにあるよーな曲って気がするから
これからもレパートリーに入れて欲しいなぁ。

と、勝手なことを言っているけど、勝手なことを言うのはこのブログのいつもの
ことだから。(笑)

ひとつだけ気になるのが、「Cradle Rock」をドブロ一本でやると、どんな感じに
なったのかが、興味深い。
どーしても「Irish Tour」の一曲目ってイメージが強いから。

やっぱ、浜松でもこのセットリストでやってもらうしかないな。(笑)

相変わらず、勝手な事を言い放題なオイラ。 penguin

2016年2月15日 (月)

ザ・ロニ-・ウッド ショー

NHKのBSで放映されている「ザ・ロニ-・ウッド ショー」。

前回の一回目はゲストがポール・マッカトニーで、昔はこんな曲を
聴いていたりしたよ、って感じの雰囲気で番組は進んでいたけど
まぁ永久保存版ってほどのものじゃなかったかな。(笑)

ただ、フェイセズが「Maybe I'm Amazed」をやっている動画が
最後に流れて、あれは初めて見たから、あれだけでも見た価値があったかな。

次回の2回目のゲストは、アリス・クーパーとスラッシュ。
これは多分見ないと思う。(笑)

期待しているのは、その次の三回目。
ゲストがパティ・ボイドとイアン・マクレガン。

パティがゲストって、意味分からん。
パティはやめて、全編イアン・マクレガンにして欲しいくらい。

どーでもいいけど、前から気になっていたんだけど、イアン・マクレガンなのか
イアン・マクラガンなのか、ロニーはなんて呼ぶのかしっかりとチェック
してみなきゃ。

以前テレビで小原礼が話していたときには「マクラガン」って言ってたと
思うんだけどねぇ。
同じバンドで一緒にツアーも回っていた小原礼が言うんだから間違いないと
思うんだけど、日本の本とかだと必ず「マクレガン」になってるよね。

ちなみに、次回の二回目は2月16日午後11時45分から、
三回目は3月15日午後11時45分からの予定になっている。

マクラガンがピアノを弾いたりする場面ってあったりするのかなぁ。
1か月も先のことだけど、今から楽しみ。 penguin

2016年2月 7日 (日)

Chihana通信 2月号

きょうは2月とは思えないほどの暖かさ。
午前中の散歩でも、汗ばむよーな感じだった。

冬の間でも、この部屋ではほとんどヒーターって使わないんだけど
今の部屋の気温は20度。
ホントに2月か???

今月のChihanaさんのフライヤーを何度か探しに行ったんだけど、なかなか
アップされてなくて、見落としているかな? って思ってたんだけど、
フライヤー作成者のfちゃんがインフルエンザでダウンしていたらしい。

外出時のマスク着用、帰宅時の手洗い、うがい、オイラの場合には
ついでに30回の洗顔ってのもやってるし。
この30回の洗顔、真冬は顔が痺れてきて気持ちいい。(笑)
インフルエンザが流行っているみたいなので、気を付けてください。

では、今月のChihanaさんのフラヤー。


201602


Chihana オフィシャルサイト http://www.chihana.org/

(@_@) パチクリ

ドブロが邪魔・・・

あっ、いぇ、そのぉ、ドブロが邪魔だなんて、そんなこと考えてません!

下北沢のPSYCHO APPARELってとこの新作シャツのモデルをやったとき
に撮ったものらしい。

それにしても、ドブロが・・・ (まだ言ってる ^^; )

今月はライブの本数が少ないんだけど、とんでもないビッグニュースが
飛び込んできた。

3月5日(土)新橋 ARATETSUでのライブがChihanaさんのワンマン・ライブで
その内容がなんと「Tribute to Rory Gallagher」。

ライブが土曜じゃなくて日曜の夜だったら間違いなく東京まで行くのに、
土曜だと仕事が終わってから浜松を歩き始めても・・・ C= C= C= C= ┌(;・_・)┘トコトコ
いつになったら東京に着く??? ^^;

このニュースを知って、昨日はYouTubeでずっとロリー・ギャラガーの動画を観てました。

ロリー・ギャラガーって10才くらい年上なんだけど、亡くなったのが47才だから
いつの間にかロリー・ギャラガーの歳を追い越しちゃった。

でも、今になってこんなライブがあるなんて夢にも思わなかったから、
やっぱ長生きしてみるもんだね。

Chihanaファンの方がYouTubeにライブの様子をアップしてくれることを祈ってます。 penguin

2016年1月15日 (金)

Chihana通信 1月号

早いもので、1月ももう中旬になってしまった。

まだまだ正月気分が抜けなくて、ボケた頭で居るからちょっと気を抜くと
更新を忘れてしまう。^^;


201601


Chihana オフィシャルサイト http://www.chihana.org/


今月のフライヤーもクルマシリーズ。
これだけクルマが続くと、次はどんなフライヤーになるんだろ? って
いろいろと考えちゃう。

乗り物シリーズで、次は電車とか。
でも、レトロな感じの電車を探すってのは大変かもなぁ。
レトロな感じの貨物列車の扉を開けて、そこにドブロを抱えて座るとか。
ん~~~、撮影許可を得るのにものすごく大変そう。(笑)

意外と今までに無かったと思うけど、顔だけのアップとか。

ダン・ペンのアルバムジャケットだとクルマが多いけど、ボブ・ディランの
アルバムジャケットみたいに顔だけってのはまだ無いよねぇ。

それか、ドブロのフレットを押さえている手とボトルネックだけで、あえて
顔は写さないとか。(笑)

まぁ、いろいろと勝手なことを考えているけど、これもオイラの
ひとつの楽しみなので♪

今年は、ライブDVDなんてのも出たらいいなぁ。 penguin

2015年12月 9日 (水)

Chihana通信 12月号

2015年最後のChihana通信。

今年ももう終わりかぁ、って感じ。
やっぱ、年々と時間の流れが速くなってきて、一年が2~3か月くらいの
感覚になってるかも。

去年の12月には、豊橋のAVANTIで「Chihana X CHABO」という夢のよーな
ライブを見ることが出来たけど、今年はそーゆーのは無いなぁ。

そーいえば、去年のライブの頃には結構寒かったと思うんだけど、やっぱ
今年は暖冬なのかね。
この部屋でも、まだ暖房器具は使ってないし、あんまり寒いって思うことも無い。

ちょっと前にテレビで気象予報士の人が言ってたんだけど、その日の最高気温から
風速を引き算すると、体感気温になるらしい。
浜松って冬は風が強いのは当たり前って思ってたけど、他のところから来る人は
やっぱ浜松の冬って寒いって感じるわけだね。


201512


Chihana オフィシャルサイト http://www.chihana.org/


11月から引き続き12月のフライヤーもクルマシリーズ。

オイラはクルマのことに関しては全然詳しくないので、どーゆークルマなのか
分からないけど、古そうなクルマってことはなんとなく分かる。(笑)

クルマと言えば、そろそろ年齢的に言っても人生最後のクルマの購入
ってことも頭の中にあったりして。

ん? Chihana通信なのに脱線の予感・・・

クルマって、家族構成とか使い方によって今までは選んできたけど
最後のクルマくらいは、余計なことはなにも考えずに好きなクルマを買いたい。

中古車になるけど、ジープのラングラーとかパトリオットなんかもいいし、
なんならコマンダーってのもいいけど高いんだろーなぁ。

世の中、クルマってエコって言葉ばっかりで、いい加減うんざりしているから
やっぱへそ曲がりなオイラはエコとは反対の方向に向いてしまう。

ってことで、へそ曲がりなオイラが書くChihana通信、やっぱ脱線してしまいました。

Chihanaさんの今年最後のライブは30日みたいだけど、個人的には
27日と29日の「加藤義明×Chihana」が気になる。

このライブ、浜松では無理かな??? penguin

2015年11月11日 (水)

アラン・トゥーサン

先日、ワイルド・マグノリアスのボー・ドリスのことを書いたばっかりだったけど、
アラン・トゥーサンまでも・・・

昨日の夜、fちゃんからのメールでアラン・トゥーサンが亡くなったことを知った。
「ウソだぁ~!  まじかぁ?!」って感じだった。

11月10日、スペインのマドリードでのライブのあとに心臓発作で亡くなったらしい。

ニューオリンズの音楽の重鎮ともいえるべき人。

オイラがニューオリンズの音楽を聴き始めたのは、20代後半くらいからだったと
思うんだけど、まだ当時はインターネットなんて普及してなくて、オイラも
パソコン通信ってやつをやっていたくらいで、ニューオリンズの音楽の情報を
得たくても今みたいにネットですぐに分かるって状況じゃなかった。

唯一の情報源としては音楽雑誌を読みあさるってことくらいだったけど、
ニューオリンズの音楽、ニューオリンズのピアノ、いろいろと調べていると
必ず出てくる名前がアラン・トゥーサンだった。

アーティスト、プロデューサー、アレンジャー、幅広く活躍していたけど
やっぱオイラの場合はにはアーティスト、ピアニストとして見てしまう。

今年のニューオリンズ・ジャズ・フェスでの元気な動画も見たから、まだまだ
現役で頑張っているって思ってたのに。

77才でこの元気なピアノ、オイラも77才まで生きることが出来るなら、
こんな77才でいたいな。



こっちの動画は、いつのライブなのか分からないけど、何度も見た動画なので
ここに載せておきます。


アラン・トゥーサンの音楽は、永遠に心の中にあります。 penguin

2015年11月 9日 (月)

落ち葉のコンチェルト

2015110901


最近、毎日一回はYouTubeで聴いている曲があって、邦題が
落ち葉のコンチェルト」、アルバート・ハモンドの曲。

原題は「For The Peace Of All Mankind」。
「人類の平和のために」って意味かな?

訳詞を見ると、「落ち葉」なんて言葉はどこにも出てこないし
コンチェルトでもないけど、このメロディーを聴いていると
「落ち葉のコンチェルト」以外なにものでもないって気になる。

中学2年くらいの頃のヒット曲だったと思うけど、同じ時期にヒットして
いたのが、ストーンズの「悲しみのアンジー」とかポルナレフの「愛の伝説」、
ウイングスの「死ぬのは奴らだ」もこの頃だっけ???



落ち葉のコンチェルト」って、歌詞としては落ち葉とか秋とか全然関係が
無いんだけど、この時期になるとなぜか聴きたくなってしまう。

この邦題を考えた人ってスゴイね。penguin

2015年11月 5日 (木)

Chihana通信 11月号

今月のChihana通信は、早め?の更新。(笑)

もう11月かぁ、そろそろ正月休みの計画でも立てようかなぁ。
と、言ってもなにもやることは無いけど。


201511


Chihana オフィシャルサイト http://www.chihana.org/


年内は浜松近郊でのライブは無さそうだから、この中で浜松から一番
近い場所はどこかな? って思いながら見ていたら、横浜が近いんじゃない?

横浜かぁ、11月23日には「 横浜 Thumbs Up」ってとこでライブ。

ん?? 11月27日の「たまプラーザ 三丁目カフェ」ってとこも横浜ジャン。
しかも、モンゴル大先生とじゃいあんの名前が・・・
はなもんじゃの復活???

ここ一年くらい、「キーボーディスト直伝!演奏テクニック向上講座」っていう
教則本みたいなやつを毎日弾いているんだけど、この中でモンゴル先生が
トレーニング1~4まで各4つの練習曲というか8小節の短い譜例を
書いてくれているんだけど、これが難しい!!!

多分、譜面を見て初見で弾ける人にとっては、全然問題の無いものかもしれないけど
オイラみたいに基礎が全然出来てない人間にとっては、8小節を弾くのに
2週間くらいかかっちゃう。(笑)

まずは右手だけ、次に左手の練習をするんだけど、その前にヘ音記号を見て
指で譜面をさしながらド、シ、ラ、ソ・・・ と数えていかないと分からんし。^^;

基本的にモンゴル先生の譜例は、フレーズとかよりもノリをいかにして出すか
って練習だから、そこまでたどり着くまでには目まいがするくらい時間が
かかっちゃう。

でも、このへんが完璧に弾けるよーになったら、グルーブ大魔神となれるんだと思う。


あれ?? これってChihana通信だったよねぇ。(〃_ 〃)ゞ ポリポリ

まぁ、たまにはこーゆーこともあるさっ。

フライヤーの写真みたいな、レザージャケット、ライダースかな?
こーゆーの、オイラも欲しい!
フェイクレザーは、2年で穴が開いちゃったし、やっぱ本皮が欲しいなぁ。
アメ横に行けば、安いのを売ってるかも???

ってことで、今月は早めの更新だったけど、大脱線のChihana通信。 penguin

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー